施設ブログ

【縁キッズ センター南】太鼓あそび

こんにちは!

都筑区 児童発達支援 放課後等デイサービス 縁キッズセンター南です。

【ボンゴ】という楽器をご存じでしょうか?

キューバの民族楽器で、手で叩くと簡単に音が出る打楽器です。

そんな太鼓を、先日床を張り替えた際に出た廃材で手作りをしました!

 

胴となる芯が長いと低い音。

芯が短いと高い音。

太鼓でいう面(叩く場所)が紙だとパキっとした【パンっ】という明るい音。

ガムテープだと丸みをおびた【ポンっ】という少しトーンダウンした音。

音の高さや質も微妙に違うものが出来ました。

早速、児童に出してみるとみんな自由に叩き、音を楽しんでいます。

叩く手の力加減やスピード、手の形、手の位置で音が変わるので音の種類は無限大です。

最初は自由に叩き、お友達や職員が加わり、自然と演奏会になることもしばしば。。。

職員の掛け声で

職員:タンタンタン♪

児童:タンタンタン♪

職員:タタタンタン♪

児童:タタタンタン♪

リズムを真似して楽しんだり、歌の上手な児童の歌に合わせて職員がリズムを刻んだり楽しむことが出来ています。

太鼓などの打楽器は叩くだけで誰でも音が出せるため、簡単に楽しめ、工夫次第で様々な音色や音楽を自由に表現することもできます。

また、太鼓を叩くことはストレスの解消にもつながります。

職員のピアノに合わせて、マラカスなどの他の楽器も交えてみんなで合奏するのも、とても楽しいです♪

音楽は児童の興味を引き、自発的な【やりたい!】を引き出すのに、とてもいいツールです。最初は興味を示さず、拒否をしている児童でも職員が楽しそうにやっていると、それを見て、聴いて、模倣をはじめ【楽しそうだな】【やってみたいな】【できそうだな】【できた!】と、自然に取り組める姿が見られます。

縁キッズセンター南では、音楽レクの日以外にも日常的に音楽に合わせて体操をする、足踏みや手拍子をするなどさまざまな活動を行っています。

【一緒に】ひとつのことを楽しめた時の児童のキラキラした笑顔を、いつか発表会で披露出来ればと思います♪

***************************

☆ご案内☆

都筑区 児童発達支援 放課後等デイサービス 縁キッズセンター南では

・現在、児童発達支援・放課後等デイサービス共に平日に空きがございます。

・土曜日の利用を希望の方はご相談ください。

・見学やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 

*送迎範囲は、都筑区をメインにしておりますが、他の地区も対応できる場合がございますのでご相談下さい(高津養護・麻生養護・あおば支援学校なども対応できる場合があります)

*ご希望が募集曜日以外の場合もまずはぜひご相談ください

縁キッズセンター南 TEL 045-532-4307

関連記事

カテゴリー

施設ブログ(地域別)




ページ上部へ戻る