施設ブログ

【縁キッズ】動く!!!手作り歌紙芝居

こんにちは。縁キッズの金森です。

縁キッズでは、行事ごとの制作の他、“手作り歌紙芝居”にも力を入れております。
歌紙芝居は、こんな事を期待して行い始めました。

  • 季節の歌を歌う事で、楽しみながら季節を感じられる。
  • 動く仕掛けを目で追う事で、注目しやすくなり、集中する時間を増やせる。
  • 既製の物ではなく手作りする事で、子ども達に合った表現(仕掛け、文字の大きさ、色使い等)で、歌の意味を学べる。
  • 手作りならではの温かさを感じ、“どうやって作ったのかな?”“自分もこんなの作ってみたい!”等、制作への興味・意欲をかき立てられる。

さて、みなさん。見て楽しい、歌って楽しい手作り歌紙芝居
「それって一体どんなものなの?」と気になってきましたか?
それでは、ご紹介いたします!

今回ご紹介する歌紙芝居は…冬と言えば!雪と言えば!この歌!!
「♪雪やこんこ」です。
ちなみにみなさん、「雪や“こんこん”」と歌っていませんか?
(ここだけの話、恥ずかしながら私は「こんこん」と歌っていました…。)
本当の歌詞は「“こんこ”」ですよ!

では、なぜ「こんこ」なのか・・・
有力な説は「来う此」(「此処に来い」)が転じたものだそうです。
なので「雪やこんこ」は「雪よ、此処に来い」(=「雪よ、もっと降れ」)という意味のようです。

それはさておき、「♪雪やこんこ」の歌紙芝居はこちら!写真1 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

3枚にまとめました。
まず1枚目、雪が降っている情景をこのように表現しました

写真2 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

写真3 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

写真4 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

穴あけパンチで作った丸い雪を別の透明ポケットファイルに入れ、紙芝居の上に被せられるようにしました。
「あ!雪だ!!」と口ぐちに言う子ども達。雪が降っている情景が伝わったようです。

2枚目。犬が駆け回っている様子をこのように表現しました。

写真5 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

犬の後ろのつまみを持ち、横へ動かせるように作りました。
クルクルとつまみを動かしながら横へ移動させる事で、犬が駆けているように見えます。
「わんちゃん!」「走ってる!」と動く様子に目がくぎ付けになる子ども達。集中している様子です。

3枚目。ネコがこたつで丸くなっている様子をこのように表現しました。

写真6 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

写真7 見て楽しい!歌って楽しい!手作り歌紙芝居 2月15日 縁キッズ

こたつをチラっとめくると、そこにはネコが!!
不思議そうな顔をしていた子ども達…でも、こたつがめくられた瞬間、パッと明るくなる顔。
「ねこ!いた!」「寝てるー!」ネコを見つけて嬉しそうな様子です。

終わるまでジーっと見ている子や、一緒に歌っている子、手拍子をして楽しむ子、「どうやったの?」と仕掛けが気になり後からこっそり触りに来る子・・・
季節の歌を楽しみながら身近に感じ、制作意欲もかき立てられたように思います。

縁キッズでは、平日、
おやつ → 個別課題・集団遊び・自由遊び等 → トイレ → 歌紙芝居 → 帰りの会
という流れで一日を過ごしています。

紙芝居を毎日決まった時間に続ける事で習慣になりました。
「歌紙芝居をして、帰りの会だ」という流れが子ども達に伝わったようで、帰る前のお楽しみになっています。
それまでは個々に好きな事や課題をしていた子ども達も、歌紙芝居の時間になると一か所にまとまり、「これから歌紙芝居だ!」と場に一体感が生まれました。
みんなが参加でき、みんなが楽しめる時間。
冒頭に挙げた4つの事以外に、“一体感が生まれる”という効果も生まれました。

歌紙芝居をする事で、子ども達のいろんな表情を見る事ができ、職員一同うれしく思っています。
作ってよかった!また作ろう!今度はどんな仕掛けを作ろうかな?とワクワクが止まりません。

いつも様々な表情や行動で、いろんな事を考えさせてくれる子ども達に感謝をしながら、日々の支援に愛を込めて…
これからも一緒に学び、一緒に成長していきたいと思います。

縁キッズでは悩み事やご相談を随時受け付けております。
お気軽にご連絡下さい。
また、見学や体験も受け付けております。
来所された際には是非、手作り歌紙芝居をご覧下さい!
電話番号:048-501-6290

詳しい情報はこちら⇒ 縁キッズ

関連記事

ページ上部へ戻る